Grief Recovery

3Esグリーフリカバリー™

グリーフリカバリーとは喪失の痛みからの回復です

楽しい仲間といても、ふと亡くなった親や兄弟、別れてしまったパートナー、失った仕事やかつて暮らしていた家など、「今、この手の中にないもの」のことを思い出して、急に気分が沈み、ひどい時には泣きたい衝動にかられる。このような経験はないでしょうか?
あるいは、うまくいかず手放すしかなかった人間関係が小さなトゲのように胸に刺さっていて、新しい人間関係を築こうとしても、「また失敗するのでは」という不安に支配されてしまう、という悩みはありませんか?

こういった“喪失の痛み”のことを英語では「グリーフ(Grief)」と呼びます。精神医療や心理学の先進国のように見えるアメリカでも、近年になってようやく、「ほとんどの人が抱えている問題であり、放っておけば人生を台無しにしかねないもの」であると、注目されるようになりました。
一見素晴らしいことのように見える結婚や出産、就職や昇格でも、ひとつの変化ですから、それまで持っていた何かを失うためやはりグリーフが生じます。
つまり、グリーフを抱えてしまうきっかけは人生のあちらこちらにあって、痛みをひっそりと抱えているのはあなただけではないということです。

そして、グリーフリカバリー・プログラム(喪失の痛みを回復させるための課程)は、アメリカで生まれ、さらに世界中で数百万人の喪失の痛みを癒やし、日々を前向きに生きるサポートを成し遂げました。
私たちワットリカバリーは、開発者ジョン・W・ジェイムズ(彼も幼いわが子との死別というグリーフを乗り越えています)の教えに従い、このグリーフリカバリー・プログラムを日本語でオンラインにて提供しています。
「これまで人には心の痛みを隠すようにして、耐えて生きてきた」という方こそ、自宅というリラックスできる環境で、自分の心を静かに開き、喪失の痛みからのリカバリーを目指しませんか。
実際にプログラムを体験しグリーフをリカバリーしたスタッフが、みなさまのリカバリーをお手伝いします。

日程/料金/申込はこちらから
新規お申し込みはこちらから

体験談はこちらから
※WHATリカバリーのオンラインワークショップをすでに受講済みの方は、事務局にお問い合わせください。再受講者専用ページを案内いたします。

公式SNSアカウントはこちら

Blog

今あなたは抱えきれないほどの苦しみの中にいますか? 自分を傷つけたり自殺を考えたりしていますか?
ためらわずに警察官(110番)や救急車(119番)へ電話するか、最寄りの救急病院に今すぐ行ってください。
《その他の助けも利用可能です》
いのちの電話 0570-783-556
チャイルドライン(18歳迄)0120-99-7777
ミークス
★こころのほっとチャット LINE / Twitter / Facebook @kokorohotchat