3Esグリーフリカバリー™の体験談

3Esグリーフリカバリー™のオンラインワークショップをご体験いただいた皆様の声をご紹介します。
※このページの終わりに、用語の解説を載せています。オレンジ色の各用語をクリックするとジャンプします。 


  
はじめは、グリーフを正しく理解しているのか自信がありませんでしたが、自分と他人との関係性の振り返りのよい機会になっていることは確かです。課題に取り組むうえでの疑問も、質問して解消していただく時間もありました。グリーフリカバリーレターを読む日は、少しドキドキしました。ワークショップに参加した日とその翌日は、気分がよくなりました。
A.O.様 47歳 女性


  
最近は気分のよい時間が多く、このワークショップの良さを感じています。
W.A.様 60歳 女性


  
いつも気づきがあるので楽しみにしています。少し気持ちが不安定なときもありましたが、気分のよいときも増えました。宿題の最中に、いろいろな感情があふれてきましたが、それも良い体験になりました。ありがとうございました。
H.U.様 49歳 女性


  
グリーフ年表を書く宿題には、今まで受けたほかのワークショップ(例えばチャカナの叡智など)のおかげで、痛みがかなり和らいでいるものも、書くべきなのか迷いました。また、グリーフリカバリーレターの書き方が正しくできているか、確認できたらいいなと思いました。ワークショップの期間中は、気分のよい時間が多かったです。
Y.N.様 48歳 女性


  
ワークショップの初回が始まる前に、妹と喧嘩しました。悲しさ、怒り、寂しさ、リスペクトされていない感じを受け、耐え難くつらいです。気分はまあまあ良いですが、少し緊張しています。第1回目を終えて1週間。心配や不安はお化けみたいなものとわかっていても、悪いクセが出てきます。最近体調が悪く、仕事を休んだので、復帰後ついて行けるかとても心配な日々でした。第4回目の後は、傷ついている気持ちが自分に残っているのが分かりました。第5回目の「お詫び」は理解や実践が難しかったですが、スペシャリストに説明いただいてよくわかりました。ブレイクアウトルームでは静かに課題に取り組めてよかったです。第6回目では、「お詫び」も、「許す」も、今は気持ちがなくても、とにかく書いて行動することだと分かりました。難しかったところは「許す」ことです。
E.U.様 52歳 女性


  
4回目を終え、話すことで軽くなることを学び、放っておいた痛みも自分のなかにあったと気づきました。ワークショップは、ちょうどよいペースだと思います。個人面談で個別に質問でき、勘違いせずにすんだのはよかったです。第5回目で理解や実践が難しかったのは、「大切な思いを表現する言葉」。ただ、自分の気持ちの中にすべての要素があったことに気づきました。第6回目では、「3つの要素の区別」が難しかったです。正しく行うことで最大の効果があると学び、過去のドラマから脱却できたことによる自分の軽さに気づきました。第7回目のあとは随分楽になって、重たい荷が下りた感じがすでにしています。なので、グリーフリカバリーレターを読み上げた後には、どのように自分の中がさらに変化するのかが楽しみです。ほかの離別についても、やっつけ仕事にせず、一つひとつ丁寧に取り組まないと気持ちがこもらないと感じました。このワークショップがとても役立ち、本当に楽になりました。断絶中の叔父に対する苦しい気持ちを終わらせたかったことが、参加のきっかけです。実習では努力しなければなりませんでしたが、ワークショップを進めてくださるスペシャリストがとてもわかりやすく説明し応援してくれて、最後には苦しみが消えていました。
W.I.様 60歳 女性


  
4回目のワークショップで、醜い、嫌な感情も、激しい感情も、自分の中にあっていいとわかりました。難しかったのは、自分の感情を細かく分類することです。5回目を終えた後、相手にも結婚にも過大な期待をしていたこと、多分それは母から引き継いだものであると気付きました。ブレイクアウトルームでは、自分が話しすぎていないか気になりました。家ではグリーフリカバリーレターを書き、かなり悲しかったです。書き終わって楽になりました。第6回目に、自分の問題がこじれた原因について新しい気づきがありました。グリーフリカバリーレターを書く際、中身をどう分類するのかが難しかったです。第7回目、これまでしんどかったけれど、本当の終わりにできそうだと感じています。人に聞いてもらうこと、言葉にして表現することの大切さを改めて感じました。ありがとうございました。レターをもう1枚書いてもいいのかどうかが気になりました。だんだん、はっきりストレスを感じることもなく、平穏な日々を過ごせるようになっています。8回目に、パートナーお2人に話を聞いていただき、とてもパワフルだと感じました。ヒプノセラピーもとても楽しみにしています。グリーフリカバリーレターを完成させることは難しく感じました。ブレイクアウトルームでは、自分の課題が気になり、集中してお話を聞けない時間がありました。元々、離婚相手に対する苦しみから解放されたくて、知人の紹介で参加しました。今はつらさが半分に減った感じですが、もう少し様子を見たいです。事前に各実習の目標と全体像を教えていいただけるとよりよかったです。全9回のワークショップを終えた今、私もスペシャリストになって、苦しむ方を助けたいです。
S.I.様 48歳 女性


  
ブレイクアウトルームではこれまでのワークショップの内容を振り返ることができ、学びが深まりました。第5回目では当初、「謝罪の言葉」が見当たらなかったので、ひとつ出てきただけでも奇跡だと思うことにしました。この日行った、つらい過去をもう一度見直すことはしんどい作業でしたが、新たな一歩を踏み出すには必要なことだと思います。第6回目には、気持ちが以前より軽くなっているのがよくわかりました。最近断捨離をまたするようになり、気持ちに少し余裕ができたからだと思います。第7回目には、グリーフリカバリーレターの内容をスペシャリストに見ていただき、内容を掘り下げることができました。来週までにはちゃんと向き合いたいです。この時分にはストレスを感じることはなく、穏やかな気持ちの日々を過ごしていました。第8回目のあとは、気持ちがスッキリしました。ありがとうございます。すべてのワークショップを終え、10年近く縛られていた元彼へのうらみが解決し、心が晴れました。受講のきっかけは、ワットリカバリーの妊活ヒプノ受講中に、元彼へのうらみを解消した方が妊活にも良いと思ったことです。読物がより少ないと嬉しいですが、毎回とても丁寧に教えていただき、欠席時も無料補講でサポートしてくださったことに感謝しています。
T.I.様 42歳 女性



グリーフリカバリーレター……グリーフリカバリーのワークで書く手紙。
スペシャリスト……米国のグリーフリカバリー・インスティテュートより正式に認可を受けた、グリーフリカバリーメソッドスペシャリストのこと。ワークショップの講師を担当する。
グリーフ年表……これまでの人生で自分が体験したグリーフを時系列にまとめたもの。
ブレイクアウトルーム……ワークショップの参加者が少人数のグループに分かれて入室する、オンライン上の部屋(ルーム)。

3Esグリーフリカバリー™詳細はこちら 日程/料金/新規申込はこちら

 

体験談のメインページへ戻る


 

Blog

今あなたは抱えきれないほどの苦しみの中にいますか? 自分を傷つけたり自殺を考えたりしていますか?
ためらわずに警察官(110番)や救急車(119番)へ電話するか、最寄りの救急病院に今すぐ行ってください。
《その他の助けも利用可能です》
いのちの電話 0570-783-556
チャイルドライン(18歳迄)0120-99-7777
ミークス
★こころのほっとチャット LINE / Twitter / Facebook @kokorohotchat