1. HOME
  2. ブログ
  3. 喪失の痛みには「これも?」という意外なものもあります

喪失の痛みには「これも?」という意外なものもあります

こんにちは、グリーフリカバリーメソッドスペシャリストの清水泰雄です。

 

前回、私が母を亡くした際に感じた際の後悔の念、悲しみの気持ちをお話しさせていただきました。みなさんは、どうお感じになりましたでしょうか?

 

悲しみは自然な感情です。

何かを失ったり、慣れ親しんだりした行動パターンの変化、終了によって引き起こされる、人間の感情の中で最も一番、強力なものです。

何か嬉しかったこと、楽しかったという感情を味わえるのは短い時間ですし、きっかけがあって、ふと思い出しますよね。

一生、ずっと持ち続けることはありません。

しかし、悲しみはそれとは違い、ずっとこびりついて離れなくて、一生、持ち続けてしまうかもしれない強力なものです。

 

悲しみのなかでも、喪失によるものは、胸に穴があき、そこからエネルギーを吸い出されるようなじわじわとした痛みがあります。

みなさんにも、親しい方との死別、離婚、恋人との離別、ペットの死、また、信頼など多くの喪失の体験があると思います。

転居によって故郷から離れたということも、もちろん喪失であり、喪失には、なんと40以上のものがあると言われています。

ですから、みなさんお一人お一人に、少なくても1つの、もしかしたら複数の喪失体験があるはずなのです。

 

私たちの人生はそれだけ本当に多くの喪失に囲まれています。

また、この喪失の悲しみの深さ、度合いは、人それぞれ特有のものです。

他人と自分、その喪失による悲しみの大きさや感覚を較べることはできません。

それどころか、自分の中にも悲しみが複数あるわけですから、そのどれがもっとも痛みをともなうか、辛いのかなど較べようもないのです。

ところが、その1つあるいは複数を「これは一般的にみて、そんなに辛い悲しみではない」と判断し、人に隠そうとしたり、自分自身に対してごまかしたりすると、厄介なことにその悲しみはどんどん深くなっていきます。

 

私どものWEB上のコンテンツ「ヒプノセラピー」ブログでも、お話ししていますが、顕在意識で忘れたはずの感情が潜在意識のなかで生き続けてしまうことがあります。

感情にふたをすることの怖さを知識として持っておいていただきたいと思います。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

Blog

今あなたは抱えきれないほどの苦しみの中にいますか? 自分を傷つけたり自殺を考えたりしていますか?
ためらわずに警察官(110番)や救急車(119番)へ電話するか、最寄りの救急病院に今すぐ行ってください。
《その他の助けも利用可能です》
いのちの電話 0570-783-556
チャイルドライン(18歳迄)0120-99-7777
ミークス
★生きづらびっと LINE友だち登録
★こころのほっとチャット LINE / Twitter / Facebook @kokorohotchat
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。