CONCEPT

コンセプト

WHATリカバリーとは

普通の人たちが長い人生で直面する様々な苦しみや痛みや悲しみを解消し、本来の自分を取り戻すことをリカバリー(回復)と呼んでいます。WHATは、その人が取り戻さなければならない様々なものです。自信であったり、尊厳であったり、喜びであったり、希望であったり、安心であったり、勇気であったり。私たちはみな、まっさらで無限な可能性をもって生まれてきます。しかし無力な幼少期を経て非力な子どもとして成長する過程で、さまざまな価値観や信念そして生き方を、周りの大人と社会により植えつけられます。その中にはその人の人生にとって望ましくないものもあります。自分で選択したものではなく刷り込まれたものは、言ってみればある種の洗脳です。多くの人が自分の努力ではどうすることもできない思いや衝動や言動に苦しんでいます。その多くの原因は、刷り込まれた情報です。私たちは、普通の人たちがただ普通に幸せを感じて生きていくために、その人を苦しめている邪魔な刷り込まれた情報を解放する(洗脳を解く)ためのさまざまなサービスを提供し、体、こころ、感情、意識、魂、人として総合的な健康を回復するお手伝いをします。すべての人が、本来あるべき自分を取り戻し、なにものにも依存せず自立し希望の中に生きていけるようお手伝いすることが、私たちWHAT リカバリーの活動の目的です。辛い涙が喜びの涙に変わったとき、私たちの目的は達成されるのです。

WHATR Well-being and Happiness are Attainable Through RECOVERY

Well-being―自分と言う存在の全てが、健全であること
Happiness―生きている喜びと、幸せを感じられる喜び
Attainable―手に入るということ
Through―私たちが提供するサービスを通じて
RECOVERY―新しいなにかを手に入れるのではなく、あなたが持っていたものを回復すること

代表ご挨拶

タイタノ中村若葉

 さまざまな出来事に導かれ多くの人々と出会い、そして勇気をもらいWHATリカバリー株式会社は生まれました。心の痛みを抱えながら、一生懸命に普通の生活を生きようとしている人たちが、苦しみの涙ではなく、これから先の人生を喜びの涙で生きていけるように――。今、ここ、に自分の存在を喜びだと感じられるように――。同じ思いで一緒に一歩を踏み出してくれた吉岡文さんに感謝します。
 そもそも人の悩みを聞くタイプではなかった私がヒプノセラピストとなり、運命の皮肉さに首を傾げながらもクライアントと会いはじめた頃、人の奥深くにある、ただただ幸せを求める、純粋な光をその人の魂の中に見ました。そして、すべての人の美しさと尊さに気づきました。この仕事をさせていただけることは、私にとってギフトです。
 私を無条件に信頼し会社の第一歩となる『妊活ヒプノセラピー』を出版し会社に加わってくれた向千鶴子さんに感謝します。あるがままの私を、そして私がやるべき事を見守ってくれている家族に感謝します。そして大きく開いた心でいつも見守ってくれているテリーとローズに感謝します。
 最後に2006年来の私の座右の銘を皆さんと共有します。’When I stand before God at the end of my life, I would hope that I would not have a single bit of talent left, and could say, ‘I used everything you gave me’. By Erma Bombeck この人生の終わりで神様の前に立つとき、私の中に才能のかけらも残っていないのを望みます。そしてこう言えるように「私は、あなたがくれたすべてを使い切ってきました!」――アーマ・ボムベック女史

プロフィール
タイタノ中村若葉ACHE認定臨床ヒプノセラピスト。プレミア認定妊活ヒプノ®セラピスト。WHATリカバリー株式会社代表取締役社長。会社にはさまざまな能力のセラピストが所属し、クライアントが本来もつ力のエンパワーメントや感情の落ち着き、スピリチュアリティや人生設計などをとり戻すサポートをするため、ウェルネス・リカバリー・プログラムをチームで提供している。前職は4大監査法人のパートナー。卓越した専門知識と豊富な経験でクライアントをサポートし、多くの企業から高評価を得る。退職後は某国の財政発展のコンサルティングに携わり、その成功に一役買っている。2006年よりヒプノセラピストとしてグアム、日本、ドイツ、米国で活動。ライフワークとして、妊活ヒプノ®セラピーをはじめ、人生の道しるべとなるチャカナ叡智、グリーフリカバリー(悲しみからの回復)、共依存症の克服のために活動。多くの人が自分の人生に自信を持ち、希望ある未来を生きられるよう、サポートセラピーに情熱を注いでいる。翻訳本にリンジ・イーストバーン著『妊活ヒプノセラピー』がある。長野県伊那市出身。15歳で単独渡米留学。弁護士であるカルロスとの結婚生活は40年目。持ち前のおおらかさで3人の息子たちを育て上げ、現在は日本とアメリカに3人の孫がいる。
副代表ご挨拶

吉岡 文

 私は人生の大半を『共依存症』という心の病に蝕まれながらそれに気づかず必死で生きて来ました。共依存症の様々な症状は私の大切なものを傷つけ奪いました。しかしヒプノセラピーとコーチングを中心としたプログラムを受けることにより、私は一気に本来の自分を取り戻し根治することができました。私の人生観は180度変わり、私は今はどんな状況の中でも、自分を愛し祝福し信頼し尊ぶことができるようになり、自分の中に平和を築き、幸福に暮らしています。これまで私がどんなにひどい状態でも常に変わらず誰よりも私を信じ愛し続けてくれた家族を思うと感謝で胸がつまります。又私を死の淵から救い出しこうして会社を作り私の夢の実現を応援し続けてくれているタイタノ若葉さんと、彼女を私に引き合わせてくれたグアムの伊藤敏江さんには、どんなに感謝してもしきれません。この皆がいなかったら私は今ここにいないでしょう。心からありがとうございます。この体験の意味を考えるうちに、私は共依存症回復のお手伝いをしたいと強く願うようになりました。それで、志を同じくする国内外の経験豊かな専門家達と共に、ヒプノセラピー、断薬、グリーフリカバリー、スピリチュアリティの回復と人生を生きる智慧(ぺルー先住民のチャカナ叡智)、人生計画の作成と実行、コーチング、等を組み合わせた共依存症の迅速根治プログラムを作成し、西洋医療や断薬診療医と連携しながら、補完心理療法としてオンラインで低価格で提供しています。共依存症を原因とするさまざまな依存症に苦しむ方々が、一人でも多く、一刻も早く、根治し、幸せに生きていただきたいと切に願っています。

プロフィール
吉岡 文内科医、NGH*認定ヒプノセラピスト、チャカナシャーマン、WHATリカバリー株式会社副代表取締役。2012年自身の心身不調からの回復を模索する中「共依存症」と言う心の病を知る。原因を確信し、それまで試した様々な治療でははっきりとした回復効果を感じられなかった中、共依存症からの回復のためのヒプノセラピーとコーチングを受け、短期間で完全な根治を遂げる。共依存症は人生の大半を蝕み、その様々な症状は大切なものを傷つけ奪い去る。その苦しみを自ら体験し、そして回復により本来の自分を取り戻し、180度変わった人生観をつうじ、共依存症の迅速根治プログラムを提供したいと強く願う。そのために、精神科全般と共依存症の診療、断薬診療の実践、ヒプノセラピー、スピリチュアリティーの回復と人生を生きる上での智慧(ぺルーの先住民のチャカナ叡智)を、国内外の専門家のもとで研修し、彼らとネットワークを結ぶ。これらをもとに、同僚のセラピスト達と共に、共依存症の迅速根治プログラム及びヒプノセラピーの効果発現と依存症回復に必須な減・断薬用のヒプノセラピープログラムを作成し提供している。共依存症を原因とするさまざまな依存症に苦しむ方々が、本来の自分を取り戻すことで、自分を愛し信頼し祝福し、幸福感をかみしめ感謝しながら進めるよう、お手伝いしたいと願っている。北海道札幌市出身。最愛の家族は夫と子供4人と犬1匹。
*National Guild of Hypnotists:米国催眠士協会

Blog

今あなたは抱えきれないほどの苦しみの中にいますか? 自分を傷つけたり自殺を考えたりしていますか?
ためらわずに警察官(110番)や救急車(119番)へ電話するか、最寄りの救急病院に今すぐ行ってください。
《その他の助けも利用可能です》
いのちの電話 0570-783-556
チャイルドライン(18歳迄)0120-99-7777
ミークス
★生きづらびっと LINE友だち登録
★こころのほっとチャット LINE / Twitter / Facebook @kokorohotchat