Grief Recovery

ワークショップ各回の詳細

ワークショップ各回の詳細

第1回:グリーフリカバリーとは

・自分の『グリーフ年表』と『リスト グリーフの症状』を書きながら、グリーフリカバリーを理解する。
第1回の体験談はこちら

第2回:リカバリーをする上でマイナスな習慣のチェック

・リカバリーをする上でマイナスな習慣とは、比較、罪悪感・サバイバー、励ましの言葉、美化・悪者化、承認欲求、責任転嫁、一時的な気晴らし(STERBs)。
・自分の『グリーフ年表』と『リスト リカバリーをする上でマイナスな習慣』を書きながら、習慣に気づく。

第3回:自分の喪失のまとめと完結させる喪失の選択

・『グリーフ年表』と『リスト(グリーフの症状・リカバリーをする上でマイナスな習慣)』を見ながら、自分のこれまでの喪失全体をまとめ、その中から完結させる喪失を1つ選ぶ。

第4回:『関係図』を書く

・完結させる喪失の『関係図』を書く。

第5回:リカバリーに必要な要素への変換 【お詫び】

・『関係図』から【お詫び】に変換し、『リスト リカバリーに必要な要素』を書く。

個人面談:リカバリーに必要な要素への変換

・第5または6回終了後開催。『リスト リカバリーに必要な要素』を読み上げてもらい、正しく書けているかを、スペシャリストがチェックする。

第6回:リカバリーに必要な要素への変換
           【許し】【同情】【質問】【大切な思いを表現する言葉】

・『関係図』から【許し】【同情】【質問】【大切な思いを表現する言葉】に変換し、『リスト リカバリーに必要な要素』を書く。
・『リスト リカバリーに必要な要素』をまとめて『グリーフリカバリーレター©︎』を書く。

第7回:グリーフリカバリーレター作成

・『リカバリーに必要な要素のリスト』をまとめて『グリーフリカバリーレター©』を作成する。

第8回:『グリーフリカバリーレター©』を読む

・『グリーフリカバリーレター©』を読む。

第9回:残りの喪失の完結

・潜在意識レベルでグリーフを完結させる。

グリーフリカバリー・ワークショップの一覧ページに戻る≫≫≫

今あなたは抱えきれないほどの苦しみの中にいますか? 自分を傷つけたり自殺を考えたりしていますか?
ためらわずに警察官(110番)や救急車(119番)へ電話するか、最寄りの救急病院に今すぐ行ってください。
《その他の助けも利用可能です》
いのちの電話 0570-783-556
チャイルドライン(18歳迄)0120-99-7777
ミークス
★こころのほっとチャット LINE / Twitter / Facebook @kokorohotchat