1. HOME
  2. ブログ
  3. ヒプノセラピーは脳派に働きかけ効果をあげます

ヒプノセラピーは脳派に働きかけ効果をあげます

新規お申し込みはこちら

明けましておめでとうございます。
2021年も、みなさまの人生がより幸福にみちたものになりますよう、力を尽くしてお手伝いさせていただきますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

新年明け早速ですが、首都圏ではコロナ感染拡大のため緊急事態宣言が発令されます。
ずっと自粛生活を心がけている慎重な方も多いと思いますが、それでも外出はしにくくなるでしょうし、人と直接会う機会も少なくなってしまうでしょう。
そうなると不安な気持ちがわき上がってきたり、ストレスがたまってきたりしますね。

不安やストレスは妊活中の方々はもちろん、誰にとっても心身のバランス、そして人生のバランスを崩すものです。
私たちがご提供しているヒプノセラピーは、この不安やストレスを和らげるのに大変効果を発揮します。
ヒプノセラピーでは、クライアントの方々を催眠状態へ導くために、頭の中にシチュエーションを想い描いていただくということをよく行います。

なかでも、とくに心身をゆるませてストレスを取り除くために使うのが海のシチュエーションで、自分の心と体の調和を取り戻すためのセラピーでは、小川が流れる森や風がそよぐ花や緑のある庭をイメージしていただきます。

このように自然界の中にいるシチュエーションをイメージしていただくのは、自然界には多くの「ゆらぎ」が存在しているからです。
ゆらぎとは、例えば海辺の寄せては返すと繰り返されるあの波音のリズム、じつは一定のようでいて予測できない不規則なゆらぎがあり、私たちはそのゆらぎに深い癒しを感じます。
これは、「1/fゆらぎ」と呼ばれているもので、小川のせせらぎ音や、雨音、小鳥のさえずりなどのほか、私たちの心臓の音や、木漏れ日、蛍の光り方、ろうそくの炎のゆれにも含まれているといわれています。

私たちは、1/fゆらぎに触れると、脳内がいくつかある脳派(ヒト・動物の脳が発生する電気的信号)のなかでも8~13ヘルツの成分であるアルファ波(α波)が占める割合が高くなることがわかっています。
アルファ波はリラックス状態の脳波といわれ、ストレス状態を忘れさせてくれるとともに、集中力や記憶力をアップさせたり、免疫力を高めたり、あらゆるホルモンの分泌を整える働きもすることが専門家によって報告されているのです。

説明が長くなりました。
1/fゆらぎやアルファ派の理論に、効果を裏打ちされた私どものヒプノセラピーをぜひご体験いただきたいと思いますが、今感じている不安やストレスを少しでも軽くするためには、まず、ここまで説明してきた自然界のゆらぎに触れることをおすすめします。

──プレミア妊活ヒプノセラピスト、WHATリカバリー代表 タイタノ中村若葉

新規お申し込みはこちら

PHOTO/なおりん(写真AC)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

Blog

今あなたは抱えきれないほどの苦しみの中にいますか? 自分を傷つけたり自殺を考えたりしていますか?
ためらわずに警察官(110番)や救急車(119番)へ電話するか、最寄りの救急病院に今すぐ行ってください。
《その他の助けも利用可能です》
いのちの電話 0570-783-556
チャイルドライン(18歳迄)0120-99-7777
ミークス
★こころのほっとチャット LINE / Twitter / Facebook @kokorohotchat
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。