1. HOME
  2. ブログ
  3. 悲しみの正しい癒し方を学べる世の中は、もうすぐ来ます

悲しみの正しい癒し方を学べる世の中は、もうすぐ来ます

お申し込みはこちら

体の傷は治るけど、心の傷は癒すことはできない。

こんな言葉を聞いたことはないでしょうか。

 

そうです、悲しみ・喪失は、心が負った傷、壊れた心です。

体のどこかに大きなケガをしたときは、病院に行って治療をしてもらいます。

そうすれば、ほとんどの場合は治癒していきますが、心の傷はどうでしょうか。

自分1人で気持ちの奥に何年も、何十年もしまっておけば治るでしょうか。

 

それでは、治るどころか、心の奥底に仕舞いこまれ、そのままにされてしまいます。

そして、何か新しいことが起きる、また自分で新しい行動を起こそうとするとき、その傷のことを思い出してしまうのです。

ですから、心の傷を癒すためには、体の傷を治すことと同様に治療しなくてはなりません。

 

皆さんは、子供のころから、いろいろなものを手に入れる方法は教えてもらってきました。お腹がすいた赤ちゃんは、泣いたらミルクが飲める。

幼児は、いい子にしたら、おもちゃを買ってもらえる。

学生になれば、勉強をしたら、いい成績がとれる。

大人になれば、働くことによって生活ができる。

 

しかし、何かを失った時にどうしたらいいか、教えてもらったことはあったでしょうか。

ですから、どう対処したらわからず、闇雲にいろいろと探しまわり、求めてしまいます。

悲しみに直面した時に、自分の周りに救いを求めようとします。

周囲の人に相談したり、本を読んだり、あるいは他人に相談することはできないと思い、自分で解決しようと思い悩んだり。

 

私も、かつては他人に相談することは恥ずかしいと思い、

「そんなことも自分で解決できないのか。男だろう。いい歳をして」と自分を追い込み、また、人からそう思われるのが本当に嫌でした。

けれども、1人で考えても解決はできるものではなく、同じことを何度も何度も繰り返し、堂々巡りのようになって答えは出ませんでした。

 

しかしこれからは、きちんと悲しみへの対処法、きちんとした理論をベースに体系だてられたメソッド、悲しみの本質が学べ、それによって心のあり様や人生を守ることができる、それが当たり前の世の中が実現するでしょう。

私たちWHATリカバリーは、そんな世の中を目指しています。

──グリーフリカバリーメソッドスペシャリストの清水泰雄です。

新規お申し込みはこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

Blog

今あなたは抱えきれないほどの苦しみの中にいますか? 自分を傷つけたり自殺を考えたりしていますか?
ためらわずに警察官(110番)や救急車(119番)へ電話するか、最寄りの救急病院に今すぐ行ってください。
《その他の助けも利用可能です》
いのちの電話 0570-783-556
チャイルドライン(18歳迄)0120-99-7777
ミークス
★こころのほっとチャット LINE / Twitter / Facebook @kokorohotchat
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。