1. HOME
  2. ブログ
  3. グリーフリカバリーを実際に体験して

グリーフリカバリーを実際に体験して

新規お申し込みはこちら

こんにちは、グリーフリカバリーメソッドスペシャリストの清水泰雄です。

今回は私がグリーフリカバリーについて学ぶことを決めた動機についてお話しさせてください。

まず、アメリカに生活の拠点を置く知人からグリーフリカバリー、つまり悲嘆からの回復を研究する組織があることを聞き、「悲しみを秩序立てて、自分で整理していく」というメソッドがあることを知りました。
今までの悲しみへの対処の仕方とは、根本的に違うということに驚き、とても興味を持ちました。

個人的な経験なのですが、私の母親はすでに他界しております。
彼女は私を女手一つで育ててくれましたが、私が大学を卒業した後、ハワイに渡り、現地の大学に再入学したり、そのままハワイで働きはじめたりしまして、長い間に日本に、彼女のもとに戻るということはありませんでした。
日本に戻った際は、母はすでに高齢となっており、また身体の自由も利かなくなっていました。
私たち夫婦での介護は難しかったこともり、施設に入ってもらった次第です。

その後、母が他界した際、「母のためにもっと何かできたのではないか」、「母の人生は幸せだったのだろうか」といった深い後悔の念に長く苛まれました。
いつでも、この後悔の念はトゲが胸に刺さり続けているようなだったのですが、グリーフリカバリーの講座を学ぶコースを終了したとき、何かふっきれたような、罪悪感と母がいないという寂しさをしばしば思い出すということもなくなりました。
ですから、グリーフリカバリーの重要性を強く感じたのです。

みなさんの悲しみは、死別(肉親に限らず)、離婚、恋人との別れ、ペットの死、健康上の変化などの日常的な体験も含まれていますから、私たちの周囲には、悲しみがあふれているといっても過言ではないと思います。

悲しみを抱えて、誰にも相談できず、ひとりで抱え込み、他人には悲しむ姿を見せない努力をしているとしたら、その孤独は悲しすぎると思うのです。
私たちWHATリカバリーが準備しているグリーフリカバリーのメソッドは、そこから抜け出せる一助になるはず。私は自分自身の体験からそう感じております。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

新規お申し込みはこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

Blog

今あなたは抱えきれないほどの苦しみの中にいますか? 自分を傷つけたり自殺を考えたりしていますか?
ためらわずに警察官(110番)や救急車(119番)へ電話するか、最寄りの救急病院に今すぐ行ってください。
《その他の助けも利用可能です》
いのちの電話 0570-783-556
チャイルドライン(18歳迄)0120-99-7777
ミークス
★こころのほっとチャット LINE / Twitter / Facebook @kokorohotchat
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。