1. HOME
  2. ブログ
  3. 「互恵」こそがチャカナの精神

「互恵」こそがチャカナの精神

WHATリカバリーでは、2021年3月2日から第1回目のコース、7日から第2回目のコースとして、「チャカナの教え」のオンラインワークショップを開始しました。
自分のなかに平和を築き、世界の皆とシェアしたい方、ご参加をお待ちしています。

さて、私がチャカナを学んだなかで、とくに心を揺さぶられたこと、それは……AYNI(アイニ)互恵です。
AYNI(アイニ)とは古代インカケチュア語で互恵という意味で、地球上の多くの人たちとお互いに幸福や平和を分かち合っていくことを表しています。
チャカナの教えには、一貫してこのAYNIの精神が貫かれています。
私たちはチャカナの教えを学ぶことで、まず自分の中に確かな幸福と平和を築いていきますが、それと同時に、私たちは自分たちが広い地球の一員であることを意識し、地球上の人たちに思いをはせ、自分たちの幸福と平和をシェアすることを学んでいきます。
AYNIの実践はpay it forward(ペイ イット フォーワード)。
pay it forwardとは、ある人から受けた親切を、また別の人への新しい親切でつないでいくことで、多数の人の親切の輪を広げていく運動のことです。
親切にしてくれたその人にお返しをするのはpay it back(ペイ イット バック)と言いますが、これではこの2人の間で親切が途切れてしまいます。
この練習として、私たちはまず身近な人に対して、意識して親切や感謝を届けていきます。
例えば、買い物に行った時レジの店員さんに笑顔で接するとか、セールスでかかってきた電話での応対を優しくするとかです。
そうすれば、その店員さんは家に帰って家族に優しくすることができるかもしれませんし、電話の相手は職場の同僚に親切にできるかもしれません。
こうして愛と感謝を先へ先へと手渡していき、世界中へ愛や幸せや平和のエネルギーを伝えていくのです。
──認定ヒプノセラピスト、内科医 吉岡 文
PHOTO/ちぬる(写真AC)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

今あなたは抱えきれないほどの苦しみの中にいますか? 自分を傷つけたり自殺を考えたりしていますか?
ためらわずに警察官(110番)や救急車(119番)へ電話するか、最寄りの救急病院に今すぐ行ってください。

《その他の助けも利用可能です》
いのちの電話 0570-783-556
チャイルドライン(18歳迄)0120-99-7777
ミークス

★こころのほっとチャット LINE / Twitter / Facebook @kokorohotchat

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。