1. HOME
  2. ブログ
  3. 第5日目【4Cチャカナ™️】レベル1Aオンラインプログラムのカリキュラム

第5日目【4Cチャカナ™️】レベル1Aオンラインプログラムのカリキュラム

今回は、過去の痛みを癒していきますが、その際、「自己イルミネーション」と呼ばれる儀式を行います。儀式のパワーはほんとうに強力です。体験した人からは、時間が経つにつれて過去の痛みが薄れているという声をいただいています。

5日目は、これまでの南の方角での学びの集大成となります。

前回までに、「痛みの年表」を完成させました。過去の思い出したくない経験やその時の感情と向き合うことになり、つらい作業だったかもしれません。でもこれが終われば、過去の痛みをミクイする(癒す)準備が整います。

「痛みの年表」の中で最もつらかった痛みを3つ選んでミクイしていきます。その際、「自己イルミネーション」と呼ばれる儀式を行います。イルミネーションは「光を当てる」という意味ですが、まさに、自分の痛みに光を当てて癒していくのです。「自己」とあるのは、そうしたヒーリングを自力でするためです。前回もお話ししましたが、シャーマンは自分で自分をしっかり癒すことができなければなりません。一度イルミネーションの方法を習得すれば、次回からは、自分でミクイすることができるようになります。

このイルミネーションの儀式を手伝ってくれるのが、南の3つの薬石(クヤ)です。石には精霊が宿ると言われており、儀式に入る前に、それぞれの石と向き合いメッセージを聞きます。

最後は「火」を使った儀式となります。「火」は、太陽を表すもので、これまでも世界中の宗教などでさまざまな儀式に使われてきました。家で、この儀式を行う際はろうそくの火を用いて、痛みを物に吹き付けて、火に燃やすという作業を行います。すべてが終わったら、最後に感謝の祈りを込めて、お供えの木の枝を燃やし、母なる大地に感謝します。

これで、イルミネーションの儀式が終わりました。南のアーキタイプであるサチャママ(ヘビ)を第一チャクラに宿すアイニ・カーペイの儀式で、南の学びは終了です。

文章だけでは、儀式のイメージがなかなか湧かないかもしれませんが、儀式のパワーはほんとうに強力です。体験した人からは、時間が経つにつれて過去の痛みが薄れているという声をいただいています。

【第5日目のプログラム】

  1. 南の「クヤ(薬石)」の創造
  2. 自己イルミネーションの儀式:重いエネルギーフチャをミクイ(癒す)して、軽く役立つエネルギーサミへと変容させる
  3. 第1回目の火の儀式
  4. アイニ・カーペイの儀式:南のアーキタイプであるサチャママ(ヘビ)の種を第一チャクラに宿す伝統儀式

次回は、いよいよ西の学びに入っていきます。

 

今回の書き手:WHATリカバリー

4Cチャカナの叡智™

https://whatr119.com/archives/category/chakana
https://www.instagram.com/chakana.whatr119/
https://whatr119.com/chakana
https://twitter.com/CHAKANA_Eichi

 

新規お申し込みはこちら 体験談はこちら
 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

今あなたは抱えきれないほどの苦しみの中にいますか? 自分を傷つけたり自殺を考えたりしていますか?
ためらわずに警察官(110番)や救急車(119番)へ電話するか、最寄りの救急病院に今すぐ行ってください。

《その他の助けも利用可能です》
いのちの電話 0570-783-556
チャイルドライン(18歳迄)0120-99-7777
ミークス

★こころのほっとチャット LINE / Twitter / Facebook @kokorohotchat

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。