1. HOME
  2. ブログ
  3. 「自分のお葬式を想うワーク」の意味とは

「自分のお葬式を想うワーク」の意味とは

新規お申し込みはこちら 体験談はこちら

みなさんは、自分のお葬式について想像したことはありますか?

私たちWHATリカバリーで提供しているインカ・シャーマンの叡智を学ぶ「チャカナの道」では、自分のお葬式について考えるワークがあります。

「なんだかネガティブなワークだなぁ」という声が聞こえてきそうですが、そうではありません。
インカ・シャーマンとして生まれ変わるために、いえ、これまで自分と周囲の人によって作られたしがらみ、その環境に合わせて演じ続けた結果、染み付いてしまった生き方の癖を捨て去って、本当の自分へと生まれ変わるために、必要なことなのです。

自分の中にいつも同じ負の感情を呼び起こす“シンボル”を探し出し、そのシンボルをなぜ自分に生みつけてしまったのか、これからのそのシンボルに感情への支配を許していいのか、とことん向き合い、過去の痛みと戦うことで影に踊らされることのない光の戦士になります。

そして光の戦士として誇り高い生涯を全うしたあなたが人生の幕をおろしたとき、家族や友人、仕事仲間から、どのような人物であったと称されるでしょうか。
過去の影響から自由になり、自分らしい自分を表現するようになったあなたは、どれだけ周囲の人に魅力的に映ったでしょうか。

これらを想像するのです。
そして現実世界のあなたは、家族や友人、仕事仲間が語ってくれたあなたの姿であるように、最後の日までを真摯に生きていきます。
自分のお葬式を想うということは、自分へのコミットメントでもあるのです。

これでもう負の感情に振り回され、ただ衝動にされるがままのあなたではなくなります。
負の感情を心の中からすっかり消してしまうことは、人間ですから完璧にはできないでしょう。
けれども、「あの時のあの古傷がまだ痛んでいる」と、自分で原因を把握しているのですから、対処もしやすくなるものです。

さらに、負の感情をばらまかないあなたは、この世の中の穏やかさに貢献することになります。
世界がもっと平和で愛に溢れた状態になるよう努めることは、インカ・シャーマンの重要な役目です。

インカ・シャーマンの叡智を学ぶ「チャカナ」オンラインセッションを6月に開講する予定です。
詳しくはこちらをご覧ください。

──フルメサキャリア・シャーマン、WHATリカバリー代表 タイタノ中村若葉

新規お申し込みはこちら 体験談はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


Warning: Undefined variable $user_ID in /home/users/0/whatr119/web/whatr119.com/wp-content/themes/avant_tcd060/comments.php on line 98

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。